HOME > ISLAM(イスラームとは) > テロリズムのはなし

テロリズムのはなし

慈悲の教えであるイスラームはテロリズムを認めていない。

クルアーンにはこうある。

(神は、宗教上のことであなたがたに戦いを仕掛けず、あなたがたを家から追放しなかった者たちに対してあなたがたが親切を尽くし、公正に待遇することを禁じられない。実に神は公正な者をお好みになられる。 )(クルアーン 60:8)

預言者ムハンマドは兵士たちに女性と子供を殺すことを禁じて、(*注2)彼らに次のような忠告をしていた。{…裏切ってはならない。度を越してはならない。生まれたばかりの赤子を殺すな。}(*注3) また次のようにも言った。{ムスリムと協定を結んだものを殺すものは誰でも、天国の香りを嗅ぐことはない。その香りは40年間もの距離に渡って漂っているにも関わらず、である。}(*注4)
また預言者ムハンマドは火で罰することを禁じた。(*注5)
またある時彼は殺人を2番目の大罪に挙げ、(*注6)次のように警告した。{審判の日に最初に裁かれるのは他人の血を流した人々である。(*注7)}(*注8)

ムスリムは動物に優しく接することを薦められており、それらを不正に傷つけることは禁じられている。預言者ムハンマドは申された。{ある女性は猫を死ぬまで閉じ込めたために罰せられ、そのために彼女は地獄に送られることになった。彼女は猫を閉じ込め、食事も水も与えなかった。放し飼いにして地面の虫を捕獲させることすら許さなかったのである。}(*注9)彼はまた、非常に喉の渇いた犬に水を与えた男が、神に過去に犯した罪を赦されたことについても語った。それについて人々は預言者に訊ねた。「預言者よ、畜獣にも(それらに対する善行による)報奨があるのですか?」預言者は言った。{「全ての生きとし生けるものには報奨がある。」}(*注10)

更に、食べる目的で動物を殺す場合、ムスリムはその動物の恐怖や苦しみをできるだけ少なくするように命じられている。預言者ムハンマドは言った。{動物を屠殺するときは、最もよい方法で行いなさい。ナイフをよく砥いで動物が苦しまないようにしなさい。}(*注11)

このような教えを含むイスラームのテキストの中では、無防備な市民の心に恐怖を与える行為や、建物や所有物の完全な破壊、無垢な人々や女性や子供を爆撃したり傷つけたりすることは全て禁じてられており、イスラームとムスリムにとって憎むべき行為となっている。ムスリムは平和、慈悲、寛容の教えに従っているのであり、彼らの大多数は現在ムスリムと結び付けられている諸々の野蛮な行為とは何の関わりもない。もしムスリムがテロ行為を犯すならば、その人物はイスラームの法を犯した罪人ということになる。

イスラミックセンター・ジャパン「図解イスラームガイド」より抜粋

このページのトップへ