HOME > hadith_japanese > 第7の伝承

日本ムスリム協会が発行しているハディース集「日訳 サヒーフムスリム」はこちらからご覧いただけます。

  • 日本語
  • English
第7の伝承

アブー・ルカイヤ・タミーム・イブン・アウス・アッダーリー―アッラーよ彼を嘉したまえ―の権威によれば、預言者―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―はこう述べられた。

「宗教とは誠実さのことである。」そこでわれわれは訊ねた。「それは誰に対する〔誠実さ〕でしょう。」すると預言者は答えられた。「アッラーとその御使いたち、ムスリムの指導者たち、一般のムスリムに対してである。」

この伝承はムスリムが伝えている。


註:

1 アラビア語の原語はnasihahであるが、この語には多くの意味がある。一般には「忠言」の意であるが、この文脈には妥当でない。ちなみにこの語には「ある人間に対し、もしくはある状況に於いて正しく振舞うこと」「廉直さ」「高潔さ」等の意味がある。


このページのトップへ