月別アーカイブ: 6月 2011

金融のはなし

ムスリムが日常生活をする中で重視しているイスラーム法は、「人のあるべき生き方を示す道」という意味の「シャリア」と呼ばれていますが、中には、金融に関する決まりがあり、ムスリムの金利の受け払いや反道徳的な事業への投融資の禁止 … 続きを読む

カテゴリー: about Islam | コメントする

お墓のはなし

イスラ-ムにおいて死は最後の日ではなく一時的な別れであって、死者はアッラーの審判の日に再び蘇ると信じられています。そのため、イスラムでは埋葬は全て土葬で行われます。死の確定後に遺体を清掃した後、告別式が行われますが、この … 続きを読む

カテゴリー: about Islam | コメントする

食べ物のはなし

Coming Soon

カテゴリー: about Islam | コメントする

テロリズムのはなし

慈悲の教えであるイスラームはテロリズムを認めていない。 クルアーンにはこうある。 (神は、宗教上のことであなたがたに戦いを仕掛けず、あなたがたを家から追放しなかった者たちに対してあなたがたが親切を尽くし、公正に待遇するこ … 続きを読む

カテゴリー: about Islam | コメントする

服装のはなし

「なぜムスリムの女性は、頭にスカーフを被っているのか?」 まるで女性だけが服装に規定を設けられ、窮屈な思いをさせられているような「抑圧的」なイスラームのイメージが世界に広く浸透しています。しかし、それは間違った「イメージ … 続きを読む

カテゴリー: about Islam | コメントする

男女の平等

男も女も、イスラームでは平等です。聖クルアーンは、 「男性でも女性でも、よい行いをする者が信仰者であり、彼らはみなが楽園にはいり、誰一人不当にあつかわれることはない」(女性章124節) と名言しています。イスラームには、 … 続きを読む

カテゴリー: about Islam | コメントする

トップページスライドバナー

ここは使用しない

カテゴリー: list-topslidebanner | コメントする

靜岡マスジド建設資金受付

カテゴリー: list-donation | コメントする

第1の伝承

信者たちの長[1]、アブー・ハフス・ウマル・イブヌ=ル=ハッターブ[2]―アッラーよ彼を嘉したまえ―の権威[3]による。彼は伝えている。私はアッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―が言われるのを聞いた。 … 続きを読む

カテゴリー: hadith_japanese | コメントする

イマーム・アンナワウィーの序文

讃えあれアッラー、万世の主、諸天と大地をくまなくしろしめし、万物を宰べられる御方。まぎれもない徴、明白な証をもって正しい導きを広め、宗教の掟を説くために遣わされた御使いたちの派遣者。アッラーよ、これらすべての御使いに祝 … 続きを読む

カテゴリー: hadith_japanese | コメントする