Arsip Bulanan: Juli 2011

Mr Mariomu

基本情報: 女性 マリオム 30代 家族構成:夫(アラブ首長国連邦出身)長男(5歳)長女(3歳)   *ムスリムになった時期:2002年3月   そのとき、あなたはどこで、何をしていましたか?: アメリカで大学生をしていました。   *ムスリムになる前は、イスラムに対して、どのようなイメージを持っていましたか?: 豚肉を食べられない。 左手は 汚いものを触る手。 お酒を飲まない。などの漠然とした印象しかありませんでした。   *そのイメージは、何がきっかけで変わりましたか?どのようにかわりましたか? アメリカに留学して、色々な国から来ている、モスリムの学生に会うようになって。。。 良い意味でも悪い意味でも、「色々なモスリムがいるな。。」と思っていました。信仰深い方もいれば、海外にいるからという理由でお酒を飲んだりしている方もいたので。。   *どうしてムスリムになりましたか? きっかけは、大学でモスリムと知り合い、それがきっかけで、モスクなどの勉強会に行くようになって、それで自分なりに勉強し、納得した上で改宗しました。   *イスラムとの出会いは、あなたをどのように変えましたか? 元々神様の存在は信じていましたが(悪いことをしたら、罰が当たるとか。。いつも神様は自分のことを見ていて、守ってくれているとか。)その神様の存在に付いて、もっと真剣に考えられるようになりました。 神様に対して、感謝することをもっとしていこうと思えるようになりました。   *家族の受け止め方は、どうでしたか?最初のころと、現在で変化があった場合、どのような変化ですか? 最初は、やはり、家族は、あまり良い顔はしませんでした。 主人との結婚に対しては、問題なかったのですが、改宗ということが嫌だったみたいです。でも 結局 私は、結婚前に改宗しました。 母は、神様を信じることに対しては、全く抵抗はないし、むしろイスラムで良いところはたくさんあると(両親を大切にする、賭け事、タバコ、お酒をしない。主人が妻や子どもをたいせつにする。。など)前から言ってくれています。でも 女性のスカーフを被らないといけないところがどうしても受け入れられなかったみたいです。。(近所の目とかも気になっていたみたいなので。。)でも 私がスカーフを被り続けたので、結局 母の方が折れました。。笑 今は、素敵なスカーフを見つけたら買って来てくれたりします。(アラハムドリッラー)   *ノンムスリムの家族と、どのような問題があります(した)か?もし問題が解決できていたら、どのような方法で解決できましたか? 食べ物のことですかね。。。 漠然と、豚とお酒は駄目と知っていてくれても、みりん、料理酒やゼラチンなんかも駄目ということまでは知らない方が多いので。。 仲のよいノンモスリムのお友達には、割と色々説明して、理解してもらっているので、今は、食事などを一緒にする時もすごく気をつけてくれるので、大丈夫ですが、でもやはり、あまり仲良くない方には、出会って早々色々話せる訳でもないので、なるべく、食事などを一緒にする機会を設けないようにはしています。あと、子どもの幼稚園では、幸い食事のことをすごく気にかけてくださっていて、(アレルギーの子どもと同じ様な対応をしてくれています。)基本、給食は取らずに毎日お弁当持参。 でも 幼稚園でおやつなどが出る時は、先生が全部原材料をチェックしてくださるので、大変助かっています。   *イスラムを信じてよかったことを教えてください。 元々とても心配性だったのですが、今は、「どうあがいても最後は、神様が自分にとって、一番ベストなものを与えてくださる」ということが分かっているので、落ち着いて行動できるようになりました。 落ち込む様なことが起きても、「今のこの出来事は、きっと何か意味があるものに違いない。神様は、私が乗り切ることの出来ない試練はお与えにはならないだろうから、今頑張れば、必ず乗り越えられるはず。」そういう風な考え方が出来るようになったので、精神的に強くなった気がします。   *逆に、困ったことがあれば教えてください。 スカーフは、毎日しているのですが、いまだに心の中で毎日葛藤を繰り返していること。 被らずに外に出ることは絶対ないけど、でも「あー巻かないで外出したい。好きな髪型して、おしゃれしたい。。」っていつも思ってしまいます。。。 あとは、お店なんかで嫌な対応をされたりすると、なんとなく、この外見のせいかな?とかって思ってしまいます。。困ったことというか、そう思ってしまう自分が嫌です。 日本だと美容院とかになかなか行けない。病院とかも女医さんがいるところとかを探さなくては行けないところ。(歯科医なんかは、気にしていませんが、婦人科系の病院は、必死で女医さんを探しました。)   ムスリムとして今後どのようなことを、したいですか? 近々また 主人の国に帰るので、日本と主人の国の架け橋になることをモスリムとして出来ればとおもいます。   これからムスリムになろうと考えている方への、アドバイスがあれば教えてください。 どんな小さな質問でも、心の中の葛藤でも 迷わず、恥ずかしがらずにモスリムの方に相談していいと思います。 改宗モスリムの方と話すことでたくさんのことを発見できると思うので。 インシャッラー 皆さんに神のご加護がありますように。   以上です。ご協力ありがとうございました。

Posted in Jepang yang terkenal muslim | Tinggalkan komentar

Tinjauan Islam

Dahl Tsu Salaam unit penelitian Arab Saudi terorganisir.

Posted in Perpustakaan Islam Perpustakaan | Tinggalkan komentar

Allah dan Rasul-Nya dan siapa yang Anda pikir

Dahl Tsu Salaam penelitian satuan organisasi.

Posted in Perpustakaan Islam Perpustakaan | Tinggalkan komentar

KEGIATAN: "活動 の よう す"

Shizuoka Asosiasi Muslim (SMA) sering generasi relatif muda, tidak hanya untuk Idul Fitri dan makan malam Ramadhan, pada saat acara-acara seperti piknik dan BBQ penuh sesak dengan banyak peserta.

Posted in KEGIATAN: "活動 の よう す" | Tinggalkan komentar

Pasal 42 の 伝 Cheng

アナス―アッラーよ彼を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。 私はアッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―がこう言われるのを聞いた。 至高のアッラーは申された1。 アーダムの息子よ2、お前が私を呼び求め、私に〔心から〕願うかぎりは、お前のしでかしたことを赦し、大目にみてやろう。アーダムの息子よ、お前の罪が空の雲に届く程であっても、私に赦しを求めさえすればお前を赦してやろう。アーダムの息子よ、お前がこの地球と同じほどの大罪を犯して私のところにやってきても、私の姿を見て私に似たものは存在しないと思うなら、それ3と同じ赦しを与えてやろう。 これはアッティルミズィーにより伝えられているが、彼によれば正しく優れた伝承である。 註: 1 Ini juga merupakan tradisi suci. (1)Referensi. 2 Adam Adam dikatakan bahwa pendiri umat manusia. 3 Hal ini mengacu ke bumi.

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar

Bagian 41 の 伝 Cheng

アムル・イブヌ=ル=アースの息子・アブー・ムハンマド・アブドッラーフ―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。 アッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―は言われた。 愛着までもが私のもたらしたものに相応しくならないかぎり、本当の信者とはいえない1。 これは、『キターブ=ル=フッジャ』2からとった正しい鎖を持つ正しく優れた伝承である。 3 Catatan: 1 The Hawan Istilah diinterpretasikan ke lampiran, ada rasa kasih sayang, keinginan, kesenangan, dll. 2 Abu-le-Qasim, Isma'il ibn Muhammad al-kitab Isufahani [kalender Islam 535 kematian]. Arti dari bukti buku. 3 著書、アンナワウィーは本書の題名を「40のハディース」としているが、更に2つの伝承を付け加えている。    

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar

40 の 伝 Cheng

ウマルの息子1―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。 アッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―は、私の肩に手をかけて言われた。 この世においては、異邦人か旅人のように暮らせ2。 またウマルの息子1―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―は、よく次のような言葉を口にしていた。 朝にはタベを期待するな3。タベには朝を期待するな。病いのために健康をふりあて、死のために生をふりあてよ。 この伝承はアルブハーリーが伝えている。 註: 1 Lore di kedua(1)Referensi. 2 Jangan menempel dunia ini sekilas, Apapun keterikatan apa akhirat adalah kehidupan kekal. 3 Anda tidak seharusnya menunda perbuatan baik hari.

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar

Bagian 39 の 伝 Cheng

アッバースの息子―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―の権威によれば、アッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―は言われた。 アッラーは私のために、私の民の過ち、怠慢、気のりのなさをお赦し下さった。 イブン・マージャ、アルバイハキー等によって伝えられた優れた伝承である。

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar

Pasal 38 の 伝 Cheng

アブー・フライラ―アッラーよ彼を嘉したまえ―の権威による。彼は伝えている。 アッラーの御使い―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―は言われた。至高のアッラーはこう申された。 私の友に敵意を示す者には、自分は誰に対しても戦いの宣言をする。私の気に入ることをして私に近づこうと望む下僕1は、自分に課された宗教的義務をきちんと果すことだ。定められた義務以外の良い行ないに努める下僕は、ますます私に近づき、ついには私の愛をかちうるであろう。そして私が彼を愛するようになれば、私は彼の聞く耳、彼の見る眼、彼の打つ手、彼の歩く足となろう。彼に願いごとがあれば私はかならず叶え、彼が避難所を求めればかならずそれを用意してやるだろう。 この伝承は、アルブハーリーの伝えているものである。 註: 1 Allah dari hamba, itu adalah bahwa umat Islam.

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar

37 の 伝 Cheng

アッバースの息子―アッラーよ彼ら両名を嘉したまえ―の権威による。彼は至大至高の主が預言者―アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ―に語られたこととして、預言者からこの伝承1を聞いている。栄誉かぎりなき至高の主はこう申された。 アッラーはさまざまな善行、悪行を定め、ついでそれを詳しく説明された。そして善行をしようと思ったがそれを果さなかった者のためには、完全な善行を1つ行なったものと〔帳簿に〕書きとめ、善行をしようと思いたちそれを実行した者のためには善行を10、その700倍、さらにはそれ以上行なったものとして書きとめる。また悪行を思いたったが、それを実際に行なわなかった者のためにも、完全な善行を1つ行なったと書きとめるが、悪行を思いたちそれを実行した者には、悪行を1つ行なったと書きとめるだけである。 これは、アルブハーリーとムスリムの2人がこのままの形でおのおのの『サヒーフ』中に記載している伝承である。 註: 1 Ini juga merupakan tradisi suci. (1)Referensi.

Posted in hadith_japanese | Tinggalkan komentar